ついに実現へ・済美山運動場を取得!

杉並区内には都立公園が3つあります。その1つである都立和田堀公園は善福寺川沿いに位置し、都民の皆様の憩いとスポーツの場として親しまれています。また、災害時には避難場所や救出救助活動拠点としての役割も担っています。この和田堀公園の計画地の中に、民間企業が所有する済美山運動場があります。

この企業の運動場は5ヘクタールあり、一体化して公園化を進めれば、まとまった面積の公園を速やかに広く都民の皆様に提供することが可能になります。しかし、平成11年2月に都市計画公園事業として認可されたものの、取得には至っていませんでした。

私は、この運動場をなるべく早く取得し公園化することが、杉並区にとっても都民の皆様にとっても重要であると考え、議会や予算特別委員会でとりあげ、尽力してきました。

その結果、平成21年度から、この運動場の用地取得に着手することが決まり、まず、3分の2まで用地取得の予算がつきました。平成23年度には、皆様に散策をして頂いたり、スポーツを楽しんで頂く事ができる予定です。

「このグランドは杉並区にとっては悲願であります。なぜならば、杉並区には陸上競技場がありません」と、山田区長をはじめ、地元の皆様に大変喜んで頂き、また期待をして頂いています。公園整備について、地元杉並区の意見を聞く機会を設けて頂くなど、より地域に親しまれる公園づくりに取り組んでまいります。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です